生活習慣病 食事

生活習慣病を食事で改善

生活習慣病には糖尿病であったり、高血圧などがあります。

これらは実は食事を改善していくだけでも大きく予防をしたり、治療をしていくことができます。
食事をしていくうえで欠かせないのがカロリー量です。
これは一日に必要とするカロリー量以上のものを食べないようにすることで生活習慣病を予防していけます。

また、食事を3食規則正しく食べていくことも大切で、1食抜いたりすると次の食事でエネルギーの吸収効率が高まってしまいますので、体の中へ普段よりも脂肪などをため込みやすくなってしまいます。

他にはお酒を飲まないということと外食をできるだけ控えるということです。
お酒に含まれているアルコールには体の中で分解するうえで負担になってしまいますので、注意が必要です。

外食には脂質を多く含んでいるものが多く、塩分やエネルギー量が普段の食事以上になってしまうことが多いのであまりいかない方が健康的です。

普段食べている食事の中には不健康な食事をしているという人は多いと思いますし、それが原因となって生活習慣病になってしまったという人もいると思います。

なので食生活を変えるのは難しいですが、しっかりと続けていくことで生活習慣病とは無縁の生活を送っていくことができます。

 

サイトマップ

スプレッドとは